ソリューション事例

粉体層を用いた付着力測定

垂直引張破断試験

一度圧縮して粉体層を 成形した後、上下2分割できるセルの上側セルをリフトする。このときの天秤の指示 する数値が、破断面に存在する粒子の付着力の総和となる。この方法は低空隙率の粉体層に対して有効である。

水平引張破断試験

左右に2分割できるセルの片方を固定し、もう一方がベアリング上を移動する方式である。ロードセルなどの変換器により定量し、破断面に存在する粒子の付着力の総和を定量する。緩やかな充填状態の粉体層の付着力測定に適している。

せん断試験

低圧にて圧縮し、粉体層を成形した後、分銅を数点乗せ換え、わずかに上部セルを水平に移動させた時に必要となる力を測定し、破壊包絡線を取得する。

3点曲げ試験

数ミリの薄い粉体層を成形し、平行な2本の支点により層を支 えて、その中心に破断力を加えることにより粉体層を破断させる。

引張破断試験

製薬会社などで行われている破壊試験。 高い圧力にて粉体を成形機などで成形したものの破壊試験を行う。粉体の自然な付着力 というよりも、強制的に押し固めたときの付着力を測定するものである。

 
ns_56.jpg

トップ | 製品紹介 |    会社概要 |    サイトマップ |   お問い合わせ

Copyright (c) 2007-2016 Nano Seeds Corpration. All Rights Reserved.

ns_60.jpg